「町」と「街」、日常生活でよく目ににするこの二つの言葉。どちらも「まち」と発音しますが、その違いって何?

そんなあなたの疑問を解決するために、この記事をご用意しました。

下の3つの要点を中心に「町」と「街」の違いを探ってまいります。

  • 「町」と「街」の意味や成り立ち、定義の違いを解明
  • 日常会話や文学での「町」と「街」の使い分け方
  • 町と街での生活の違いとは?

さぁ、ご一緒に「町」と「街」の探検へ、出発です!

【このページの要約・動画 】 ▶ 表示

この動画は https://no-lang.com により作成されました。

 

 

町と街の意味や成り立ちを知る

「町」と「街」という言葉は日常生活の中でよく使われますが、その意味や成り立ちには興味深い違いがあります。「町」と「街」の歴史や成り立ち、そして漢字から見た違いについて解説します。

日常会話や文章での使い分けがより明確になるといいのですが...はたして...。

 

町の意味と歴史的背景

「町」という言葉の意味は、地域社会や行政区画を指すことが多いです。歴史的には、町は商業や住居の集まりとして発展してきました。江戸時代には「町人」と呼ばれる商人や職人が住む区域を指し、商業活動が活発なエリアとしての意味が強まりました。

町の成り立ちは、地方公共団体の単位でもあります。例えば、日本では「町内会」(ちょうないかい)という地域コミュニティが組織され、住民同士の交流や地域の安全を守る役割を果たしてきました。また、町名(ちょうめい)としても広く使われており、いわば地域のアイデンティティを象徴するものとも言えましょう。

 

東京都には「銀座」という有名な町があります。銀座はもともと銀貨の鋳造所があった場所で、それが発展して商業の中心地となりました。このように、町は商業活動や地域社会の中心としての役割を持っているのです。

 

コラム

「銀座」の名前は、江戸時代の「銀座役所」に由来します。1603年に江戸幕府が駿府(現在の静岡市)から銀貨鋳造所を現在の銀座2丁目に移しました。その場所の正式な町名は「新両替町」でしたが、通称として「銀座」と呼ばれるようになりました。(静岡市葵区には今でも「両替町」(りょうがえちょう)という町名は残っっています。)銀座は1800年に日本橋蠣殻町(にほんばしかきがらちょう)に移転させられましが、「銀座」という通称だけは残りました。
銀座の「銀」は貴金属の銀でお馴染みです。「座」は、商業活動を行うために幕府から許可を得た場所を「座」と呼んでいました。
江戸時代末期から銀座は洗練された文化と商業の中心地として栄え続けてきました。その名をかりて繁栄や発展を目論む「○○銀座」という名前の街や商店街が全国に増え続けてきました。日本全国にある「○○銀座」の数は500にも登るそうです。小さなの銀座も大きな商店の銀座も、東京・銀座への憧憬や、繁栄を願う人々の気持ちが共通して存在していたのでしょう。

町と街の成り立ちの違い

「町」と「街」の成り立ちには明確な違いがあります。は先述のように商業や住居の集まりとして発展してきたのに対し、はより広範な地域を指すことが多いです。街は都市全体やその一部を指し、ビルや商店が立ち並ぶにぎやかな場所としてのイメージが強いです。

歴史的には、は都市計画の中で重要な役割を果たしました。たとえば、中世ヨーロッパでは城壁で囲まれた「街」が存在し、防衛や商業の中心地として機能していました。一方、日本では「市街地」という言葉が使われ、都市の商業区域や住宅地を指すことが多いです。

このように、町はより地域的でコミュニティの要素が強いのに対し、街は広範な都市全体をカバーする概念であり、その違いは地域の成り立ちや歴史に深く関連しています。

漢字から見る町と街

「町」と「街」の違いを漢字から見ると、その成り立ちや意味がさらに明確になります。漢字の「町」は「田」と「丁」から成り立っており、もともとは田畑を区画する意味を持っていました。これが転じて、住居や商店が集まる区域を指すようになったのです。

一方、「街」という漢字は「行」と「圭」から成り立っています。「行」は道筋や通りを意味し、「圭」は区画や土地を示します。このことから、街は道筋や通りが発達したにぎやかな区域を意味するようになりました。

漢字から見ると、町はより地域的で商業や住居の集まりを強調するのに対し、街は道筋や通りの発展を重視することがわかります。この違いは、日常生活での使い方や印象にも影響を与えています。

このように「町」と「街」はその成り立ちや意味において明確な違いがあります。町は地域社会や商業の集まりを指し、街は広範な都市やにぎやかな通りを意味します。

町と街の定義の違いを知る

日々の会話の中でよく使われる「町」と「街」。この二つの言葉は、一見似ているようでいて、その定義には大きな違いがあります。ここでは、辞書の定義、法律や行政での使い分け、さらに地理学的な観点から、これらの言葉の違いを探っていきましょう。日常生活での言葉の使い方に少しでも気を配ることで、より豊かな表現が可能になります。

辞書で見る町と街の定義

辞書を開いて「町」と「街」の定義を調べると、その違いがはっきりとします。「町」は、一般的には家が密集している地域のことを指し、特に行政単位としての「」は、市よりも小さい自治体を意味します

一方、「街」、商業活動が盛んで人々が集まりやすい場所を指す言葉で、必ずしも行政単位としての定義はありません。

つまり、「町」が地域や地方公共団体の単位に近いのに対し、「街」は商業や生活のにぎわいを感じさせる場所を示す傾向にあります。

法律や行政での町と街の使い分け

前項に重複する部分もありますが、法律や行政での町と街の使い分けをみてみましょう。

法律や行政の文脈では、「町」と「街」の使い分けはより明確です。「町」という言葉は、地方自治法に基づく正式な行政単位を指す場合が多く、市の下位に位置づけられる自治体を意味します。

一方で、「街」は法律や行政の文脈では特に定義されているわけではありません。多くは市街地や商業地区など、人々が集まる地域を指す際に用いられます。このように、行政単位としての「町」と、より広義で使われる「街」は、その使い方においても大きな違いがあることがわかります。

地理学的な観点からの町と街

地理学的な観点から見ると、「町」と「街」の違いは、その地域の都市化の程度や、地域内での機能分担によっても異なります。

一般に、「町」は住宅や小規模な商店が集まる地域を指し、人口密度は高いものの、都市としての機能は限定的です。

対照的に、「街」は商業活動が中心で、ショッピングモールやビルが立ち並び、人々が仕事や買い物、娯楽のために訪れる場所を指します。このように、町と街はそれぞれが持つ特性や機能によって区別され、私たちの生活の中で異なる役割を果たしています。

町と街の使い分け方

「町」と「街」という言葉は、日常生活や地域によってもそれぞれ異なる使われ方がされるようです。文学に表れる「町」と「街」もまた別のニュアンスで使われることもあります。これらの違いは多分に感覚的であったり、情緒的な言い回しで使われたりしますから、一概に断じる事はできません。それ故といいますか、むしろその使われ方が興味深いところでもあります。

それでは、日常会話、文学やメディア、そして地域によって「町」と「街」がどのように使い分けられているのか、覗いてみましょう。

日常会話での町と街の使い方

日常会話では、「町」と「街」の使い分けは比較的自由で、その多くは文脈によって異なり、情緒的な使い分けも見られます。

既述のように、「町」は一般的には小さなコミュニティや住宅地を指します。「町内会」や「町名」という言葉からもわかるように、住民が集まる地域やその単位を示します。これは、地方公共団体が定める区画とも関連しています。

 

一方、「街」は商業施設やビルが立ち並び、賑やかで活気のある場所を指す際に多く使われます。「街に出かける」や「街の中心」という表現は、都市部や市街地をイメージしやすい言葉です。例えば、「週末は街にショッピングに行きます」というように使われます。しかし、受け取り方に個人差があるように思います。

このように、日常会話では「町」は住居系、「街」は商業系といったニュアンスで使い分けられることが多いようです。

 

と言いましても、口語ではどちらも「まち」と発音しますので、会話の中で心に描くイメージは互いに異なっていることもありそうです。このイメージ(心象風景)のおはなしは、次の「文学での町と街の使い分け」に繋がります。

文学やメディアでの町と街の使い分け

文学やメディアにおいての、「町」と「街」の使い分けの多くは、象徴的な意味あいを持っていると思われます。

一概には言えませんが、文学作品では、「町」は人々の生活や歴史を重視する場面で使われることが多いようです。たとえば、登場人物たちの生活の場としての「町」が日常的的背景の描写が取り入れられることがあります。このような使い方は、読者に親しみや温かさを感じさせる効果があるようにおもいます。

 

「街」は比較的、都市の喧騒やモダンな雰囲気を描写する際に使われます。「街」の風景が象徴的に、ときには詳細に描かれ、現代的なイメージを読者に与える手だてとして使われたりします。

 

文学作品のタイトルに「街」あるいは「町」が使われている例を作者名とともに掲げておきます。内容を読まなければそのイメージの違いを汲み取ることは難しいのですが、文学における「街と町」のニュアンスを感じてみてください。

 

文学の『街』

■ 『街』桜間 中庸 (さくらま ちゅうよう 1911-1934)
■ 詩集『色ガラスの街』尾形亀之助 (おがた かめのすけ 1900年 – 1942年)
■ 『街の底』 横光利一 (よこみつ りいち 1898年- 1947年)
■ 『太郎と街』梶井基次郎(かじい もとじろう 1901年 – 1932年〉
■ 『街の幸福』 小川未明 (おがわ みめい 1882年- 1961年)
■ 『地図にない街』 橋本 五郎(はしもと ごろう 1903年 – 1948年)
■ 『 季節のない街』 山本 周五郎(やまもと しゅうごろう 1903年- 1967年)
■ 『 街はふるさと』 坂口 安吾(さかぐち あんご 1906年 – 1955年)
■ 『原色の街』 吉行淳之介 (よしゆき じゅんのすけ 1924-1994)
吉行淳之介が「原色の街」と表現するその舞台は、今の墨田区向島と東向島の境界付近にあった「鳩の街」(はとのまち)です。wikipediaによれば、東京大空襲で玉の井を焼け出された銘酒店業者が、1945年 (昭和20年)にこの地で開業したのが始まりと言われるいわゆる「赤線地帯」です。終戦直後に、米軍兵士の慰安施設として出発し1946年(昭和21年)に米兵の立ち入りが禁止され、その後1958年の廃止まで、日本人相手の特殊飲食店街として発展した地域です。

 

文学の『町』

『眠い町』 小川未明 (おがわ みめい 1882年- 1961年)
城のある町にて』 梶井基次郎 (かじい もとじろう、1901年 – 1932年)
『飯田の町に寄す』 岸田國士 (きしだ くにお、1890年 – 1954年)
夏の町』 永井荷風  (ながい かふう、1879年 – 1959年)
『茶色っぽい町』 宮本 百合子. (みやもと ゆりこ.1899-02-1951)
『風琴と魚の町』 林芙美子 (はやし ふみこ 1903-1951)
『畳まれた町』 国枝史郎 (くにえだ しろう 1887年– 1943年)
『わが町』 織田作之助  (おだ さくのすけ 1913年 – 1947年)
織田作之助  『わが町』 は1955年に川島雄三 監督で映画化されたました。フィリピン帰りの工事人夫・他吉が人力車引きをしながら孫娘を育てる明治から昭和にまでわたる破天荒な人生の一代記です。織田作ですからもちろん舞台は大阪。天王寺近くの「河童小路」(ガタロ こうじ)にある棟割り長屋です。このの風景と多彩な風俗や人物が、主人公の波乱万丈な生涯とともに描かれています。

 

メディアにおいても、「町」は地域密着型のニュースや特集でよく使われる一方、「街」は都市開発やビジネス関連のニュースで頻繁に登場します。これにより、視聴者や読者に対して異なる印象を与えることができます。

地域による使い分けの違い

地域によっても「町」と「街」の使い分け方には違いがあります。

例えば、地方の小さな地域では「町」という言葉がよく使われます。地方公共団体が定める「内会」や「名」を基に、住民同士の繋がりが強いコミュニティを示す言葉として使われます。これにより、住民間の親密さや地域の一体感が強調されます。

 

一方、都市部では「」という言葉が頻繁に使われます。商業施設が多く、にぎやかな雰囲気が特徴の地域を指す際に「街」が使われ、「の中心」や「繁華」といった表現が一般的です。これにより、都市の活気やダイナミズムが強調されます。

 

また、地域ごとの文化や歴史によっても使い分けが異なることがあります。例えば、京都の「町」は伝統的な町家が並ぶ地域を指すことが多く、歴史的な背景を大切にする文化が反映されています。

町と区は区画、街は人が行き交う大通り  【コラム】

「不揃い(ふぞろい)」とか「ちぐはぐ」、「ばらばら」など「一つ一つ違っている」ことを言い表す「まちまち」という言葉がありますね。「うちの家族は料理の好みが、まちまちだ」などと使います。漢字では「区区」と書きます。区の旧字は「」です。細かい品物を囲いの中にしまっておくことを意味し、転じて「区切る」意味になり、「境界」や「小分けした場所」などを表すようになりました。

 

現行の「区」は「地方自治法」で定められた「行政上の区画」です。「江東区」、「世田谷区」などの東京都の「区」は「特別区」で「市町村」と同機能ということになっています。札幌市中央区や静岡市葵区などのように「政令指定都市」の「区」は「住民の利便性のために設置された行政区画」で「◯◯市」の下部組織です。ほかに「財産区」というかつての共有地(山林、溜池、墓地など)を管理する区があります。

「町」の読み方は「まち」と「ちょう」がありますが、どちらも「地方公共団体」の区分のひとつです「市」の認定条件は人口規模で「市」は5万人以上(特例あり)ですが、「町」の条件は都道府県がそれぞれの条例で定める事になっています。富山県は3000人、栃木県は15000人が下限ですが、下限5000人という県が最多で21県あります。

「町」という漢字は「田」と「丁」でできています。「丁」は区切ることです。田を区切る畦道(あぜみち)が「町」という意味でした。当初は人が大勢集まる意味ではありませんでした。

「◯◯一丁目」「◯◯二丁目」のように◯◯という地域名に数字プラス丁目をつけて町を分けて表記する方法は江戸時代初期にはあったそうです。これは丁だけで市街地を分けたもので、現在の「町」に通じる意味があります。

古語辞典( Weblio古語辞典)で「まち【町】」を調べますと「①田の区画。また、区画した田地。」が載っています。これが平安時代になりますと「②市街地を道路などで区分した区画。」となり、源氏物語から抽いた次の例文が示されています。
[源氏物語 少女]

「中宮の古き宮のほとりを、四まちをしめて」
[訳] 中宮の旧居の付近一帯を、四区画占有して。

そして、町が「④商店が並んでいる市街地。市場(いちば)。」と言う意味で使われるのは、室町時代後半辺りからのようです。時代は下がって安土桃山時代になると織田信長など各地の戦国大名による市場、「楽市楽座」(らくいちらくざ)ができますが、まさに「町」ですね。

出典: Weblio古語辞典

 

「区」も「町」も「丁」目も、「区切る」という意味から出来上がった「区画」でありました、というお話でした。

 

では、「街」は何を意味していたのでしょうか。
「街」の漢字は「行」の中に「圭」が入っています。「」(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)は十字路の象形から成り立った漢字です。「圭」は縦横の線を組み合わせた象形です。「行」+「圭」で十字路のように交差する場所、「みち・まち」を意味する「街」という漢字ができました。とりわけ人の行き来が多い街中や大通りを指すようになったようです。

漢字の成り立ちから見ると「町」は「区画」であり、そして「街」は「人の往来が多い通りや場所」という意味から出来た語なのでしょう。

「町と街」の生活における違いを比較

前述のように「地方自治法」として「町」はありますが「街」という概念はありません。

それでも、日常生活における町と街の違いは私たちの生活に密接に関わっているように思われます。

その違いは、多分にイメージから来るものですから個人差があるのでしょう。どなたでも共通した違いを感じるというわけではありませんが、一般的には、町と街が私たちの生活にどのような影響を与えているのか、見てまいりましょう。

町での生活の特徴

「町」は「街」より小さいあるいは狭いというのイメージがあります。町での生活は、その規模の小ささからくるアットホームな雰囲気が魅力と感じる方が多いのではないでしょうか。

こんなかんじですね➜ 町内での結束は強く、地域ごとに密接なコミュニティが形成されています。地方公共団体や町人が主催する地域イベントが頻繁に開催され、町内での交流が盛んです。商店も個人経営のものが多く、店主と顧客との間には家族のような親密な関係が築かれています。このような環境が、居住者に安心感を与え、地域に根ざした生活を楽しむことに貢献しています。

街での生活の特徴

一方、街での生活は「にぎやかさ」と「多様性」がキーワードです。街では、多くのビルや商店、レストランなどが集中しており、日々多くの人で賑わっています。

都市部に位置する街では、様々な文化や流行が交差し、新しいものが常に生まれています。このような環境は、新しい出会いや体験を求める人にとって魅力的です。また、街では多様な職業や生活スタイルが共存しており、個人の自由や個性が尊重される傾向にあります。

町と街の印象やイメージの違い

前項に続き町と街のイメージのお話です。『町と区は区画、街は人が行き交う大通り』で触れましたが、それぞれの言葉の成り立ちは、「町」は区画であり「街」は人が集う大通りでありました。

そのようなニュアンスが今も心のどこかにあるのかもしれません。たとえばこのような例が浮かびます。

モルグ街の殺人」というエドガー・アラン・ポー( Edgar Allan Poe, 1809年 – 1849年)の有名な短編推理小説があります。(1841年/ 発表) この原題は「The Murders in the Rue Morgue」です。パリが舞台ですから「 in the Rue Morgue」ですが 「Rue」 は 英語で言えば「Street」(通り)です。でありますが、日本語に訳された書名は「モルグ通りの殺人」ではなく「モルグの殺人」です。

実は日本での初訳は饗庭篁村によるもので「ルーモルグの人殺し」1887年(明治20年)だったそうです。その後森鷗外もドイツ語本からの重訳で「病院横町の殺人犯」1913年と題して発表しています。鴎外は「横町」と訳していますね。Rue(英語:Street)はドイツ語では「Straße」でしょうか。その後いろいろな訳者(丸谷才一、中野好夫.小川 高義.他....)が手掛けていますが、今は「モルグ街の殺人」で定着しているようです。

もう一つ例をあげます。ニューヨーク市マンハッタンの Wall Street(ウォールストリート)は日本語では「ウォールと訳されていますね。書籍や映画のタイトルもたくさんあります。『ウォールの魔女』、『ウォールの狼』『ウォールを占拠せよ』『ウォールのランダム・ウォーカー』etc. ウォールストリート界隈を含めての区域を「ウォール街」としているのでありましょう。それでも、人が集まる大通りや場所だから「街」であるというイメージが日本語訳に表れているのではないかとおもわれるのですが、ブログ筆者のこじつけかもしれません。

 

それでは、町と街、それぞれが持つイメージの違いを探ってみましょう。

町の持つイメージ

町の標準的なイメージとしてはこのような感じになるようです。ちょっと昭和風な風景を思う人もいるかも知れませんね。↓

町は、商店や住宅が密集しているが、どこか懐かしさや温かみを感じる場所というイメージがあります。日本の多くの町では、地域コミュニティが強く、人々が顔なじみであることが多いです。町内会などの地域組織が活発で、地域の行事や祭りなどが盛んに行われることも、町の特徴の一つです。また、歴史的な建物や古い商店街が残っており、訪れる人々に時間を越えた旅を体験させてくれます。

街の持つイメージ

一方、街はよりにぎやかで、新しいものが集まる場所という印象を持っています。都市部に多く見られる街では、最新のファッションやトレンドが生まれ、多種多様な人々が集まります。ビルや商業施設が立ち並び、仕事やショッピング、娯楽のために多くの人々が訪れます。街は変化しやすく、常に新しい魅力が加わることで、活気に満ちています。

加えて街には道路や大通りのイメージもあるのではないでしょうか。「街路」や「街道」などの語もそれを示しているように思います。

町の商店と街の商店

町と街での商店の様子を夫々イメージすると、次のような違いが一般的な見方のようです。

■ 町の商店は、長い歴史を持ち、地域に根ざした家族経営の小さな店が多い傾向にあります。これらの店では、地元の人々の日常生活に密接に関わる商品やサービスが提供され、顔見知りの店主との会話を楽しむこともできます。

■ 街の商店は、最新の流行を取り入れた商品や、国内外の有名ブランドの店舗が並びます。ショッピングモールや大型商業施設では、買い物だけでなく、食事や映画鑑賞など、様々なエンターテインメントを一箇所で楽しむことが可能です。

 

まとめ : 町と街の違いは何?

「町」と「街」の違いについて、見てきましたが、いかがでしたか?それぞれの成り立ちや意味、使い分け方などについて理解が深まったと思います。最後に、要点を簡単に振り返りましょう。

まとめ

1. 町と街の成り立ちの違い
は歴史的に行政区画としての役割が強く、は商業や人々の集まりが中心。
2. 辞書や法律での定義の違い
辞書や法律では、は行政単位、は法的定義はない。商業地域や大通りを指すことが多い。
3. 日常会話での使い分け方
日常では、は生活の場、は賑やかな商業エリアとして使われることが多い。
4.町と街の生活の違い
は静かで落ち着いた生活が特徴、は便利で賑やかな生活が特徴。
5. 町と街のイメージの違い
は親しみやすさや温かみ、は活気やモダンさがイメージされる。

 

この記事を通じて、町と街の違いを知ることで、これからの会話や文章作成に役立ててくださいね。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事